岸田自民党の対応は最悪、「統一教会問題」を理由に「国葬取りやめ」しか打つ手なし

岸田首相の決断と発言が、事態を悪化させています。
郷原信郎 2022.09.01
有料限定

岸田文雄総理大臣は、8月31日の記者会見で、閣僚などを含め、自民党議員が懸念や疑念を持たれていることを陳謝し

「党として説明責任を果たし、国民の信頼を回復できるよう厳正な対応をとっていく」

と述べ、自民党は、党所属の国会議員にこれまでの教会側との関係を報告させ、結果を公表することに加え、今後、関連団体を含め、教会側と一切関係を持たないとする方針を決定しました。

この記事は有料読者限定です

続きは、3697文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

臨時国会開会、岸田政権が直面する3つの「説明不能」問題
読者限定
今週のYouTube:「元信者多田文明氏との対談」「国葬」「五輪汚職」...
誰でも
「安倍氏国葬儀」企画演出業務発注で、内閣府職員に「競売入札妨害罪」成立...
読者限定
今週のYouTube【東京五輪汚職捜査は、森喜朗元首相、竹田恒和元JO...
誰でも
世界最高額ともいわれる東電株主代表訴訟・地裁判決と、その背景を読み解く...
有料限定
内閣府設置法「内部文書」についての、読売新聞「印象操作」と産経新聞”誤...
読者限定
自分史・長い物に巻かれない生き方④
有料限定
フランス人ジャーナリスト西村カリン氏との対談概要と多くの共感のコメント...
誰でも