自分史・長い物に巻かれない生き方④

なぜ検察に入ることになったのか、そこには検察組織の「闇」の片鱗が垣間見えます。
郷原信郎 2022.09.20
サポートメンバー限定

司法修習は、4か月の「前期修習」のあと16か月の「実務修習」があり、また4か月の「後期修習」、全部で2年間です。

1981年7月、無事に(?)「前期修習」を終えた私は、東京から、実務修習地の広島に戻り、「弁護修習」「検察修習」「刑事裁判修習」「民事裁判修習」の順番で、それぞれ4カ月の実務修習を行いました。

実務修習というのは、それぞれ、弁護士・検察官・裁判官の実務家の下で、法曹実務を経験する修習というものなのですが、研修の担当となる実務家によって、研修の内容は全く異なります。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5427文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
今週のYouTube「セレスポ・鎌田氏弁論期日」「浅川氏と対談」
誰でも
小池百合子氏に対する公選法違反の告発状の再提出について
誰でも
「裏金議員の不処罰」で期待裏切った検察、五輪談合事件では「裁判所を抱き...
誰でも
2024都知事選落選運動収支のご報告
誰でも
今週のYouTube「告発会見」「落選運動の成果と今後の活動」
誰でも
「小池百合子氏落選運動」の成果と今後の活動について
誰でも
小池百合子問題の本質は「ウソと権力の私物化」
誰でも
今週のYouTube「調布駅・立川駅で街頭演説」「チラシ第2弾完成!」...