自分史・長い物に巻かれない生き方④

なぜ検察に入ることになったのか、そこには検察組織の「闇」の片鱗が垣間見えます。
郷原信郎 2022.09.20
サポートメンバー限定

司法修習は、4か月の「前期修習」のあと16か月の「実務修習」があり、また4か月の「後期修習」、全部で2年間です。

1981年7月、無事に(?)「前期修習」を終えた私は、東京から、実務修習地の広島に戻り、「弁護修習」「検察修習」「刑事裁判修習」「民事裁判修習」の順番で、それぞれ4カ月の実務修習を行いました。

実務修習というのは、それぞれ、弁護士・検察官・裁判官の実務家の下で、法曹実務を経験する修習というものなのですが、研修の担当となる実務家によって、研修の内容は全く異なります。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5427文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
「小学校で宿題やらなかったでしょう!」上場企業役員の被疑者に女性検事が...
誰でも
ビデオニュース「裏金が作り放題の政治資金規正法」
誰でも
今週のYouTube「衆院補選・島根の戦い」
誰でも
今週のYouTube「鈴木哲夫氏と語る四面楚歌岸田首相」「小池都知事、...
誰でも
小池氏は政治生命の危機!元側近「爆弾告白」で学歴詐称疑惑は最終局面に
誰でも
今週のYouTube「吉村府知事『玉川氏出禁』発言」
誰でも
「この愚か者めが!」丸川珠代議員への「政治家個人宛寄附」告発の“重大な...
誰でも
今週のYouTube「丸川珠代氏を告発」「サン・フレッシュジャパン不起...