自分史・長い物に巻かれない生き方⑨

鹿児島地検名瀬支部長検事として、「保徳戦争」選挙買収と戦った記録です。
郷原信郎 2022.12.05
有料限定

赴任した1986年衆院選、「保徳戦争」での壮絶な買収合戦

名瀬支部の検察庁としての日常は、通常は、事件数も比較的少なく、酔余の喧嘩による暴行、傷害、殺人、交通事故等の事件が大半で、概ね平穏でした。

それが一変するのは、国政選挙や市町村長選挙等での公職選挙法違反事件の捜査処理です。

この記事は有料読者限定です

続きは、5343文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

経営者(役員)の個人的不祥事と企業の対応 #4
有料限定
東電刑事控訴審判決は、「13兆円」代表訴訟判決を否定するものではない
誰でも
今週のYouTube「中国のコロナ政策」「東電旧経営陣無罪」
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑫
有料限定
今週のYouTube「阿武町誤振込事件」「鈴木エイト氏対談」「甘利氏妄...
誰でも
経営者(役員)の個人的不祥事と企業の対応 #3
有料限定
新年早々、甘利氏「消費増税発言」の”怪”
誰でも
今週のYouTube「2023年どうなる!?」
誰でも