データ改ざんを中心とした企業不祥事の系譜と、
近時の品質不正問題の本質 ♯2

郷原総合コンプライアンス法律事務所 法務コンプライアンス調査室長 佐藤督
郷原信郎 2023.03.10
サポートメンバー限定

第3.データ改ざん型企業不祥事の系譜(“コンプライアンスの普及より前”の状況)

1.はじめに

前回、最近の一連の品質不正問題の概要をざっと振り返り、それが想像以上に大量で、連鎖的に判明したことを確認しました。そのうえで、一連の品質不正問題への理解について、その多くが何十年間も継続して行われてきたものであり、しかも安全性には問題がないことが確認されたものがほとんどであって、“日本のモノづくりの劣化”ではなく、もともと内在していた問題が顕在化しただけである疑いがあること、これは明らかに“カビ型不正”であって、“現場のコンプライアンス意識”は、本質的な問題ではない可能性が高いこと、といった問題点がある可能性を簡単に指摘しました。今後は、その問題点について、深掘り、検証をしていきたいと思っています。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、8296文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
今週のYouTube「維新のメッキ」
誰でも
今週のYouTube「政治資金規正法をどう改正するか」
誰でも
後半国会の焦点・政治資金規正法改正、“裏金根絶”のための決定打は?
誰でも
今週のYouTube「完全な自民党の敗北」「維新の惨敗」「カイロ大学の...
誰でも
島根1区補選は、候補者ではなく岸田首相の“惨敗”、立民党も「勝利」と誤...
誰でも
今週のYouTube「検事の幼稚な取調べ」「打倒岸田!島根1区2か所で...
誰でも
「小学校で宿題やらなかったでしょう!」上場企業役員の被疑者に女性検事が...
誰でも
ビデオニュース「裏金が作り放題の政治資金規正法」