岸田首相「解散命令・法解釈」答弁を一日でひっくり返す“その場しのぎ”

(昨日)「法令違反」に民法は含まれない⇒(今日)「法令違反」に民法も含まれる
郷原信郎 2022.10.19
有料限定

10月17日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題をめぐって、岸田首相が、宗教法人法に基づく「調査」を教団に対し実施する方針を固め、永岡桂子文部科学大臣に指示したと一斉に報じられ、同日の衆院予算委員会で、岸田首相は、

「宗教法人法に基づき『報告徴収』と『質問権』の行使に向けた手続きを進める必要があると考え、文部科学大臣に速やかに着手させる」

などと述べました。

この記事は有料読者限定です

続きは、5110文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

Voicy:先週は、長野県議が妻殺害で逮捕された事件、五輪談合などにつ...
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑨
有料限定
今週のYouTube「東京五輪談合事件」「消費税とインボイス制度のおか...
誰でも
東京五輪談合、事件の構図と法律構成を考える
誰でも
今週のYouTube「本間龍氏との対談」・「多田文明氏との対談」・「上...
誰でも
貸切バス事故から、安全と競争のコンプライアンスを考える #4
有料限定
岸田首相「空白領収書」問題、公選法上の実質的違法性の判断のポイントは
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑧
有料限定