岸田首相「解散命令・法解釈」答弁を一日でひっくり返す“その場しのぎ”

(昨日)「法令違反」に民法は含まれない⇒(今日)「法令違反」に民法も含まれる
郷原信郎 2022.10.19
サポートメンバー限定

10月17日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題をめぐって、岸田首相が、宗教法人法に基づく「調査」を教団に対し実施する方針を固め、永岡桂子文部科学大臣に指示したと一斉に報じられ、同日の衆院予算委員会で、岸田首相は、

「宗教法人法に基づき『報告徴収』と『質問権』の行使に向けた手続きを進める必要があると考え、文部科学大臣に速やかに着手させる」

などと述べました。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5110文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
岸田首相「政策活動費」答弁に表れた、政治資金規正法の規定と「収支報告書...
誰でも
今週のYouTube「甘利氏の100万円バラマキ」
誰でも
今週のYouTube「岸田首相国会答弁」「竹田 昌弘氏と対談」・「Re...
誰でも
「裏金」事件の捜査・処分からすれば、連座制導入は「民主主義への脅威」に...
誰でも
今週のYouTube「検察審査会」「後藤謙次氏と対談」
誰でも
政治資金パーティー裏金事件、「検察審査会の議決による国会議員起訴」は可...
誰でも
今週のYouTube「青木理氏と対談」「裏金問題の追及」
誰でも
安倍派幹部の「単なる不記載・裏金否定」説明は、杜撰な政治資金会計制度が...