経営者(役員)の個人的不祥事と企業の対応 #3

「船橋屋」「りそな銀行」の事案をもとに
郷原信郎 2023.01.10
サポートメンバー限定

第4.経営者(役員)の個人的な恫喝的言動と企業の対応(船橋屋の件を中心に)

1.はじめに

昨年12月から、2022年に多く(少なくとも11件)マスコミに取り上げられた「経営者個人の不祥事」について、「経営者(役員)の個人的不祥事と企業の対応」と題して深掘りしており、前回は、数多くのマスコミに取り上げられた代表的な企業不祥事のひとつである、吉野家役員の“生娘シャブ漬け発言”を中心に、会社経営層の暴言、不適切発言と、それに対する会社の対応を深堀していきました。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、14846文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
岸田首相「政策活動費」答弁に表れた、政治資金規正法の規定と「収支報告書...
誰でも
今週のYouTube「甘利氏の100万円バラマキ」
誰でも
今週のYouTube「岸田首相国会答弁」「竹田 昌弘氏と対談」・「Re...
誰でも
「裏金」事件の捜査・処分からすれば、連座制導入は「民主主義への脅威」に...
誰でも
今週のYouTube「検察審査会」「後藤謙次氏と対談」
誰でも
政治資金パーティー裏金事件、「検察審査会の議決による国会議員起訴」は可...
誰でも
今週のYouTube「青木理氏と対談」「裏金問題の追及」
誰でも
安倍派幹部の「単なる不記載・裏金否定」説明は、杜撰な政治資金会計制度が...