自分史・長い物に巻かれない生き方⑯

独占禁止法と「競争」の世界
郷原信郎 2023.03.20
サポートメンバー限定

私が公取委に出向した1990年当時、日本の巨額の対米貿易黒字を背景に深刻化していた日米貿易摩擦に関連して、アメリカ側が日米構造協議で日本の独禁法の運用の大幅強化を求めていて、独占禁止法の世界も、公取委という組織も、大きく変わらざるを得ない状況でした。

その運用強化の一環として重要な課題になりつつあったのが、「独禁法違反に対する刑事罰」の積極的適用への方針転換です。

刑事罰適用の枠組み作り

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、9111文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
今週のYouTube「維新のメッキ」
誰でも
今週のYouTube「政治資金規正法をどう改正するか」
誰でも
後半国会の焦点・政治資金規正法改正、“裏金根絶”のための決定打は?
誰でも
今週のYouTube「完全な自民党の敗北」「維新の惨敗」「カイロ大学の...
誰でも
島根1区補選は、候補者ではなく岸田首相の“惨敗”、立民党も「勝利」と誤...
誰でも
今週のYouTube「検事の幼稚な取調べ」「打倒岸田!島根1区2か所で...
誰でも
「小学校で宿題やらなかったでしょう!」上場企業役員の被疑者に女性検事が...
誰でも
ビデオニュース「裏金が作り放題の政治資金規正法」