自分史・長い物に巻かれない生き方⑯

独占禁止法と「競争」の世界
郷原信郎 2023.03.20
サポートメンバー

私が公取委に出向した1990年当時、日本の巨額の対米貿易黒字を背景に深刻化していた日米貿易摩擦に関連して、アメリカ側が日米構造協議で日本の独禁法の運用の大幅強化を求めていて、独占禁止法の世界も、公取委という組織も、大きく変わらざるを得ない状況でした。

その運用強化の一環として重要な課題になりつつあったのが、「独禁法違反に対する刑事罰」の積極的適用への方針転換です。

刑事罰適用の枠組み作り

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、9111文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

自民党政治資金パーティーの「裏金問題」、20年前の事例
誰でも
今週のYouTube「自民党パーティー券収入⇒裏金問題」
誰でも
ジャニーズ事務所・宝塚、相次ぐ大手法律事務所の「不祥事対応の失敗」は、...
誰でも
今週のYouTube「小池百合子カイロ大問題」「馳浩アルバム問題」「宝...
誰でも
柿沢未途議員・買収事件、区議選「陣中見舞い」の弁解に“致命的な弱点”
誰でも
今週のYouTube「岸田首相と関西万博」「三宅防衛政務官セクハラ問題...
誰でも
対ゴーン氏民事訴訟、日産「繰延報酬支払拒絶」主張で検察主張崩壊の可能性...
誰でも
今週のYouTube「財務副大臣が税金滞納!」「自民党5派閥を刑事告発...
誰でも