自分史・長い物に巻かれない生き方⑥

犯人を「自白させる」というのはどういうことなのでしょうか。
郷原信郎 2022.10.20
有料限定

前回も書いたように、初めて経験する検察官の仕事は新鮮で刺激的でした。

「独任制の官庁」と言われ、一人ひとりが独立した権限を持ち、新任検事であっても、担当事件が割り当てられると、自分で取り調べを行って、起訴・不起訴の処分を決め、自分の名前で起訴状に署名するという仕事は、それまでのサラリーマン時代や、司法修習生時代とは違う充実感がありました。

公判部でも、最初の一回だけは、指導係検事が一緒に公判立会(こうはんりっかい)をしてくれましたが、それ以降は、すべて一人で立ち会いました。

この記事は有料読者限定です

続きは、7487文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

Voicy:先週は、長野県議が妻殺害で逮捕された事件、五輪談合などにつ...
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑨
有料限定
今週のYouTube「東京五輪談合事件」「消費税とインボイス制度のおか...
誰でも
東京五輪談合、事件の構図と法律構成を考える
誰でも
今週のYouTube「本間龍氏との対談」・「多田文明氏との対談」・「上...
誰でも
貸切バス事故から、安全と競争のコンプライアンスを考える #4
有料限定
岸田首相「空白領収書」問題、公選法上の実質的違法性の判断のポイントは
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑧
有料限定