自分史・長い物に巻かれない生き方㉒

「下水道事業団談合事件」独禁法違反事件告発の経緯
郷原信郎 2023.06.20
サポートメンバー限定

1994年3月、ゼネコン汚職事件での中村喜四郎衆院議員が斡旋収賄罪で逮捕された事件の捜査から外してもらうように申し出た私は、4月に、特捜部から公安部に移ることになりました。

法務省には、毎年度、法務省内の刑事局、矯正局、保護局等の各局から1名、法務研究員が指名され、一定期間、通常業務から解放されて特定のテーマの研究に専念する法務研究という制度があります。私は、平成4年度の刑事局の法務研究員に指名され、従事することになりました。

法務研究員に推薦してくれたのは、特捜部で直属の上司であった財政経済班の副部長の横田尤孝氏(後に、最高検次長、最高裁判事)でした。私が、特捜部の捜査のやり方、公取委との関係等に不満を持ち、一旦は辞職を申し出たという経緯もあり、しばらく法務研究でもやらせて落ち着かせようという配慮もあったようです。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6421文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
岸田首相「政策活動費」答弁に表れた、政治資金規正法の規定と「収支報告書...
誰でも
今週のYouTube「甘利氏の100万円バラマキ」
誰でも
今週のYouTube「岸田首相国会答弁」「竹田 昌弘氏と対談」・「Re...
誰でも
「裏金」事件の捜査・処分からすれば、連座制導入は「民主主義への脅威」に...
誰でも
今週のYouTube「検察審査会」「後藤謙次氏と対談」
誰でも
政治資金パーティー裏金事件、「検察審査会の議決による国会議員起訴」は可...
誰でも
今週のYouTube「青木理氏と対談」「裏金問題の追及」
誰でも
安倍派幹部の「単なる不記載・裏金否定」説明は、杜撰な政治資金会計制度が...