自分史・長い物に巻かれない生き方⑧

炭鉱事故捜査での「かつて勤務した会社」との戦い
郷原信郎 2022.11.20
有料限定

「炭鉱の人命軽視」に覚えた疑問

この自分史でも書いたように、私は、大学を卒業して就職した三井鉱山という会社と地質技術者という仕事に失望し、1年半余りで退社しました。

その時、「国の石炭政策に寄生しているような会社の実態と組織の体質」に反発を覚えました。日本の炭鉱の中では、桁違いに採炭の条件に恵まれていた三池炭鉱で、出炭量の確保にこだわり、貴重なエネルギー資源を大切に扱う姿勢もなく、また、坑内での安全対策も劣悪な状態で生産を続けていたという実態だったのです。

この記事は有料読者限定です

続きは、5774文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

Voicy:先週は、長野県議が妻殺害で逮捕された事件、五輪談合などにつ...
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑨
有料限定
今週のYouTube「東京五輪談合事件」「消費税とインボイス制度のおか...
誰でも
東京五輪談合、事件の構図と法律構成を考える
誰でも
今週のYouTube「本間龍氏との対談」・「多田文明氏との対談」・「上...
誰でも
貸切バス事故から、安全と競争のコンプライアンスを考える #4
有料限定
岸田首相「空白領収書」問題、公選法上の実質的違法性の判断のポイントは
誰でも
今週のYouTube:鈴木哲夫氏との対談、白井聡氏との対談
誰でも