自分史・長い物に巻かれない生き方⑤

40年前の検察は、今とはだいぶ違っていたようです。
郷原信郎 2022.10.05
サポートメンバー限定

法務大臣招宴

1983年4月1日、私は、法務大臣の辞令を受け取り、検事となりました。

その日の昼、私は、新任検事全員が招かれる法務大臣招宴で、新任検事52名を代表して、法務大臣への謝辞と検事として仕事をしていく決意を述べるという「大任」を果たしました。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5437文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
岸田首相「政策活動費」答弁に表れた、政治資金規正法の規定と「収支報告書...
誰でも
今週のYouTube「甘利氏の100万円バラマキ」
誰でも
今週のYouTube「岸田首相国会答弁」「竹田 昌弘氏と対談」・「Re...
誰でも
「裏金」事件の捜査・処分からすれば、連座制導入は「民主主義への脅威」に...
誰でも
今週のYouTube「検察審査会」「後藤謙次氏と対談」
誰でも
政治資金パーティー裏金事件、「検察審査会の議決による国会議員起訴」は可...
誰でも
今週のYouTube「青木理氏と対談」「裏金問題の追及」
誰でも
安倍派幹部の「単なる不記載・裏金否定」説明は、杜撰な政治資金会計制度が...