自分史・長い物に巻かれない生き方㉓

検察という組織における「人事」の話
郷原信郎 2023.07.20
サポートメンバー限定

1994年は、法務研究で、独禁法違反・談合についての研究に従事したり、公取委の談合告発に関わり、告発事件の捜査にも従事するなど、東京地検公安部に所属していながら、実際には、殆ど本来の公安事件には関わらない状況が続きました。

下水道事業団の談合事件の捜査が終わり、11月末には、特捜部への応援が解除となって公安部に戻りましたが、1989年に公安部に勤務した時のような中核派等の過激派の動きもすっかり沈静化し、非公然活動家が逮捕されてきて、完全黙秘の被疑者と取調室で対峙するというようなことは、ほとんどなくなっていて、基本的に、暇な状況が続いていました。

鹿児島地検名瀬支部長の頃、自分がめざす方向として考えたのが、

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7369文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
「小学校で宿題やらなかったでしょう!」上場企業役員の被疑者に女性検事が...
誰でも
ビデオニュース「裏金が作り放題の政治資金規正法」
誰でも
今週のYouTube「衆院補選・島根の戦い」
誰でも
今週のYouTube「鈴木哲夫氏と語る四面楚歌岸田首相」「小池都知事、...
誰でも
小池氏は政治生命の危機!元側近「爆弾告白」で学歴詐称疑惑は最終局面に
誰でも
今週のYouTube「吉村府知事『玉川氏出禁』発言」
誰でも
「この愚か者めが!」丸川珠代議員への「政治家個人宛寄附」告発の“重大な...
誰でも
今週のYouTube「丸川珠代氏を告発」「サン・フレッシュジャパン不起...