自分史・長い物に巻かれない生き方⑮

新天地・公正取引委員会へ
郷原信郎 2023.03.05
サポートメンバー限定

1989年11月下旬、私は特捜部の応援勤務から公安部に戻りました。

その頃は、1990年の平成天皇即位の「大嘗祭」粉砕を叫ぶ、中核派等の過激派左翼の動きが活発化しており、非公然活動家の逮捕が相次いでいました。12月に入ってから私が取調べを担当した被疑者は、中核派革命軍の隊長クラスの大物で、内ゲバ殺人の容疑でした。

革命軍の中核を担う、筋金入りの非公然活動家です。もちろん、逮捕当初から、完全黙秘でした。終始押し黙っている被疑者に対して、取調べ検察官が一方的に話をするという「取調べ」でした。私が取調べを担当した過激派の非公然活動家の多くは、雑談や身の上話には応じてくれ、最後には、供述調書に署名したり、最終的に転向したりしたこともありましたが、唯一、この「革命軍の隊長」だけは、最初から最後まで、一言も話をせず、完全黙秘を通しました。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5232文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
岸田首相「政策活動費」答弁に表れた、政治資金規正法の規定と「収支報告書...
誰でも
今週のYouTube「甘利氏の100万円バラマキ」
誰でも
今週のYouTube「岸田首相国会答弁」「竹田 昌弘氏と対談」・「Re...
誰でも
「裏金」事件の捜査・処分からすれば、連座制導入は「民主主義への脅威」に...
誰でも
今週のYouTube「検察審査会」「後藤謙次氏と対談」
誰でも
政治資金パーティー裏金事件、「検察審査会の議決による国会議員起訴」は可...
誰でも
今週のYouTube「青木理氏と対談」「裏金問題の追及」
誰でも
安倍派幹部の「単なる不記載・裏金否定」説明は、杜撰な政治資金会計制度が...