自分史・長い物に巻かれない生き方⑦

検察官にとって、「無罪判決」とは?
郷原信郎 2022.11.05
有料限定

福岡地検小倉支部の2年目、1984年4月からは、捜査担当になりました。

ここでも担当事件数は多く、常時10件を超える「身柄事件」を担当していました。

逮捕された被疑者が身柄付で検察庁に送致される「身柄事件」では、原則10日の勾留期間、延長しても20日の間に、被疑者や参考人の取調べを行って供述調書を作成して、事件の起訴又は不起訴を決めなければいけません。

この記事は有料読者限定です

続きは、4277文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

Voicy:先週は、長野県議が妻殺害で逮捕された事件、五輪談合などにつ...
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑨
有料限定
今週のYouTube「東京五輪談合事件」「消費税とインボイス制度のおか...
誰でも
東京五輪談合、事件の構図と法律構成を考える
誰でも
今週のYouTube「本間龍氏との対談」・「多田文明氏との対談」・「上...
誰でも
貸切バス事故から、安全と競争のコンプライアンスを考える #4
有料限定
岸田首相「空白領収書」問題、公選法上の実質的違法性の判断のポイントは
誰でも
自分史・長い物に巻かれない生き方⑧
有料限定