自分史・長い物に巻かれない生き方⑦

検察官にとって、「無罪判決」とは?
郷原信郎 2022.11.05
サポートメンバー限定

福岡地検小倉支部の2年目、1984年4月からは、捜査担当になりました。

ここでも担当事件数は多く、常時10件を超える「身柄事件」を担当していました。

逮捕された被疑者が身柄付で検察庁に送致される「身柄事件」では、原則10日の勾留期間、延長しても20日の間に、被疑者や参考人の取調べを行って供述調書を作成して、事件の起訴又は不起訴を決めなければいけません。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4277文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
「小学校で宿題やらなかったでしょう!」上場企業役員の被疑者に女性検事が...
誰でも
ビデオニュース「裏金が作り放題の政治資金規正法」
誰でも
今週のYouTube「衆院補選・島根の戦い」
誰でも
今週のYouTube「鈴木哲夫氏と語る四面楚歌岸田首相」「小池都知事、...
誰でも
小池氏は政治生命の危機!元側近「爆弾告白」で学歴詐称疑惑は最終局面に
誰でも
今週のYouTube「吉村府知事『玉川氏出禁』発言」
誰でも
「この愚か者めが!」丸川珠代議員への「政治家個人宛寄附」告発の“重大な...
誰でも
今週のYouTube「丸川珠代氏を告発」「サン・フレッシュジャパン不起...