自分史・長い物に巻かれない生き方⑪

名瀬支部の検察独自捜査で「笠利町長」を逮捕
郷原信郎 2023.01.05
サポートメンバー限定

名瀬支部に赴任して2年目の1982年4月の異動で、名瀬支部の職員は大幅に入れ替わり、充実した体制になりました。

毎週、勤務時間後に行っていた勉強会、それに引き続く、奄美の黒糖焼酎での飲み会を重ねるうちに、検察独自捜査に向けての支部職員との結束も高まっていきました。

そのような取組みが結実したのが、その年の秋、9月に、奄美大島の町の一つ笠利町(2006年に名瀬市と統合され奄美市の一部となる)の町長を、虚偽有印公文書作成で逮捕した事件でした。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6517文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
岸田首相「政策活動費」答弁に表れた、政治資金規正法の規定と「収支報告書...
誰でも
今週のYouTube「甘利氏の100万円バラマキ」
誰でも
今週のYouTube「岸田首相国会答弁」「竹田 昌弘氏と対談」・「Re...
誰でも
「裏金」事件の捜査・処分からすれば、連座制導入は「民主主義への脅威」に...
誰でも
今週のYouTube「検察審査会」「後藤謙次氏と対談」
誰でも
政治資金パーティー裏金事件、「検察審査会の議決による国会議員起訴」は可...
誰でも
今週のYouTube「青木理氏と対談」「裏金問題の追及」
誰でも
安倍派幹部の「単なる不記載・裏金否定」説明は、杜撰な政治資金会計制度が...